東京・品川ステイ〜 ホコトマネージャー散歩②

目次

はじめに

カフェとは、人生の一部であり、自分らしさを取り戻す場所でもある。
元『本のあるカフェホコト』マネージャーが居心地のいいカフェを紹介していくシリーズ。第2回は東京・品川で、自分らしく過ごせる場所を歩きたいと思います。

青空の下、東京タワーの赤色が目に鮮やか

品川プリンスホテル

東京は私の大切な家族が数年前から上京しているため、定期的に通う場所となっています。狭い住宅事情でそこに泊まるには不便なこともあり、よく利用するのが品川プリンスホテル。新幹線のアクセスや駅前施設の充実度(大好きなシティベーカリーがあることが何よりの喜び)、そしてなんといっても程よい距離感の昔から変わらぬホスピタリティが心地よい、安心して過ごせる老舗のホテル。目的に合わせて滞在時間の延長や連泊などプランも多彩で様々な用途で利用させてもらっています。

品川プリンスホテル
2階から見下ろしたロビー
グリーンが美しいステンドグラスは
カシニョールの「楽園」

メインタワー2階にはコーヒーラウンジ『マウナケア』があり、モーニングからランチ、お茶の時間に至るまでゆったりと過ごすことができます。吹き抜けの広々とした空間なので、隣でおしゃべりをしていても気になることはなく、読書や仕事に集中できるカウンター席もあり。コンセントが用意されているところも嬉しいポイント。一階のロビーはステンドグラスの鮮やかなグリーンが映えて心地よく、待ち合わせにも最適です。館内レストランは他にハワイアンムード満点のビュッフェ『HAPUNA』や中華、和食、洋食、フードコートなど。併設の水族館・アクアパーク品川で気分転換するのも◎

『コーヒーラウンジ マウナケア』
モーニングセット
ハムチーズホットサンド&
ポットサービスの紅茶
https://www.princehotels.co.jp/shinagawa/restaurant/maunakea/

アンナミラーズ

品川駅前でもうひとつお気に入りの場所、それはウイング高輪ウエスト2階にある『アンナミラーズ』高輪店
(※こちらの店舗は残念ながら2022年8月31日に閉店しました。)
1973年にアメリカに誕生し、同年日本にも上陸。一時は東京都内中心に20店舗以上あったそうですが、今はこの高輪店一店舗のみになっています。店内で焼き上げるボリューム満点のアメリカンホームパイが約30種類揃っていることと、ウエイトレスさんの可愛い制服姿で有名なお店。ブレックファーストメニューも豊富で、卵料理やハムベーコン、パンケーキなどをドリンクと一緒に楽しむことができます。

ウイング高輪ウエスト2Fにある
『アンナミラーズ 高輪店』
白を基調に
オレンジのアクセントカラー
公式ホームページはこちら
https://www.annamillersrestaurant.jp/
オリジナルブレンドコーヒーと
シナモンがきいた「ダッチアップルパイ」
熱々を、アイスクリームと共に
以前に食べた朝食メニュー
ファーマーズブレックファースト


この場所が気に入っているもうひとつの理由はこの眺め。移りゆく品川駅や足早に行き交う人々の様子をぼんやり眺めながら、ただなんとなく考え事をして過ごします。ご家族連れのみならず、おひとりさま利用も多く、程よいざわめきが心地よく感じられる空間。カントリー調の家具も落ち着いたムードに一役買っているのではないでしょうか。

再開発途上にある品川駅西口
クレーンが並ぶ姿は壮観
ガラス貼りの客席からは
横断歩道を歩く人々の姿が眺められる

※アンナミラーズ品川店は2022年8月31日、約40年の歴史に幕を下ろしました。

おわりに

今回の紹介はカフェというよりも「居場所」という内容でしたが、どんな場所に居てもそこの景色を楽しめる「窓」はぜひともあってほしい条件のひとつです。『本のあるカフェホコト』にも特徴的な大きな窓があり、そこから眺める町の様子がマスターも私も大好きでした。新幹線の窓、カフェの窓、ホテルの部屋の窓、自宅の窓、etc…
空の色の移り変わりを眺める時こそが、自分に戻れる大切な時間。いつもそう思います。暮れゆく東京タワーの写真を眺めながら、また訪問できる日を楽しみに。
[ マネージャー記 ]

大切な時間を応援するウェブサイト
HoCoTo
https://hocoto.jp/

目次